FC2ブログ

かぼちゃの悲しい哲学

カボチャにも

壮絶な哲学があると思っています

昔(小学生の頃)

NHKの人形劇で 「チロリン村とクルミの木」という番組を見ました

チロリン村に住む「野菜族」と「果物族」のお話です

そこでは時々2つの族で言い争いが行われます

トマトさんは 果物か? 野菜か?

自分は子供ながらに トマトって良いな~ どっちにも入れる♪

そんな解釈をしていました

その中の挿入歌で かぼちゃさんの歌(?)だったでしょうか、、

その歌が大好きで 今でも畑で歌っています


かぼちゃさんには~♬ かぼちゃさんには~ 何が大切な、の、か~♬

そりゃ~ツルだ~♬ そりゃツルだ~♬

ツルがなければ 育ちゃせぬ~♬ そ~だ~ちゃ~せ~ぬ~♬


0,2


それほど大切なツルを

今、この年になって

あらためて 実感しています


ツルが伸び 親ヅルから子ヅルが出て

子ヅルから孫ヅルが伸びてきます

子ヅルや孫ヅルにカボチャが着果し、

そのなかには 自分に水分や栄養分を送ってくれる、

親ヅルの上に出来るものもあります


すると、、

十分に育つ前に

カボチャは成長が止まり 腐って消えていきます


この現象を農家さんは

 「自分の親を守って 子供が自らの命を絶つ」とおっしゃいます

自分は

 「親が 自分と ツルの先に着いた他の子供(かぼちゃ)を守るため

  上に乗っかった1個の子供を犠牲にする」 と、反論します

まるで、、

哲学です

昔(中学生~青年期まで)に哲学の本も読みましたが

難しく言葉を並べてはいるものの、

つまるところは 「生を論じ」 「死を論じる」

そこにたどり着く話のように思えて読むのをやめました

悲しい気持ちになるのが嫌でした


でも

家庭菜園をしてみると

そこには現実の哲学「生と死の話」が転がっていました


ツルの上で育ち始めたカボチャが、、死ぬ

その事実をめぐって、

地主さんと自分は

哲学を論じているようです


皆さんは どっちだと思いますか?


どちらにしろ、、

植物にも考える能力があり、

色々と悩んで この悲しい道を選んだのだろうな~ と、

とても感動しています




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2020/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ごんちゃんの父

Author:ごんちゃんの父
愛犬ごんちゃん(2015年7月に虹の橋を渡りました)の父です
定年後も類(るい、シーズーパピヨンのMIX3代目)と散歩をしたり
無農薬野菜作り、ワンコの絵などで楽しく暮らしている
おとうちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客数
ご訪問いただいた人数です
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR