fc2ブログ

悩みの3点



昔から

長男は親の家を継ぐ、、

そう言われていたので

親が残した諸々の品物や遺品は そのまま家に残しておけば良かったのですが

最近の戦後に建てた家は狭く、安普請

2世代、3世代がそのまま受け継いでいくには無理があります

そこで、

自分の親が残した家や品々を

残す物、残さない物に

仕分けして処分していくのが自分の努めだと思っています

家などは もうボロボロ、、維持するには経費が掛りすぎます

いつ取り壊すか分かりませんが 次の世代には「負の遺産」


今やれば? とh思っていても

親の為に揃えた仏壇などは 狭い我が家には持って来れません

そして

問題は これらの3点

大きな観音菩薩



0,1


重さ 10Kg以上あると思われる 銅像



0,2



そして

長さ1メートル以上ある

木彫りの七副神



0,5


宗教がらみの品々は

適当に処分するのは躊躇われます



あと、

文化財の

日本刀



0,3



自分の趣味で集めたレコードや古銭などは

勝手に売るなり なんなり出来ますが


親が信心していたかもしれない品々は

処分に悩みます

その父親が亡くなって早9年

石の上にも3年と申しますように

9年の間守ってきたので もう、、いいかな? とは思います

なにしろ

次は自分の番

残される家族には負担にならないように考えねば

ですね




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村







65年間通った床屋さんが閉店!



暫く前から

「そろそろ床屋さんに行かなきゃね、、」

そう思って何度か予約の電話を入れていた「ごん父の床屋さん」

いつも 出ない

なんとなく胸騒ぎがして

昨日、歩いて床屋さんに行ってみたら

「お知らせ 長らくご愛顧有り難うございました 7月をもって閉店いたします」

ガーン!

どうしよう、、

この床屋さんは ごん父が幼稚園に入る前から通っていた床屋さん

先代の店主さんから今の2代目さんに至るまで

約65年間もズットお世話になっていました


その頃

この床屋さんには子供用に 「白馬の椅子」が置いてありました

その椅子に座って散髪してもらうのが楽しくて

今でも覚えています

 ↓ こんな感じの ごん父坊や



0,1



参ったな~

類ちゃん

どうしよう?



0,2



よし と~ちゃん

 類ちゃんの床屋さんに

  一緒に行くじょ!




0,3



あっ! そうか~

 その手があったか♬



。、、、、って 

 んなわけないでしょ(涙)



にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






類ちゃん、その後



数日前

大量のケロケロをして獣医さんに治療して頂き

家でも

絶食ー少量のカリカリフード(ふやかし)-少しづつ増量 と、続き

昨晩から やっと普通のカリカリを与えるまでに回復しました



0,3



暑さと

来客の緊張によるストレス(類坊に緊張とは似合わない気がするけど、、)

奥さんの体調不良がワンコにうつった?


諸々の原因が考えられますが

散歩でも最初は数メートルあるいては お休みタイム

数メートル歩いたら

立ち止まって、、お休みタイム



0,1



そんな状況が続きましたが

昨日の散歩では

やっと グイグイ引っ張る 「類ちゃん歩き」が

復活しました (*^_^*)



やっぱ こうでなきゃね~♬


皆様の応援のおかげです

有難うございます

類ちゃん

復活です!


0,2





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






ごん夫婦の思い出の地



今年の夏は

甲子園に出場した星陵高校で思い出が蘇りました

本当に良く頑張ってくれました


奥川君達バッテリーの出身地

石川県かほく市大崎町は金沢の少し北寄りにあります


ここ↓


11_20190823012442788.jpg



日本海と河北潟に挟まれた

小さな町


でも ここは

ごん夫婦が子供から青年期の頃の

思い出の地



ふたりがまだ知り合っていなかったけど

今回の高校野球で

それぞれの思い出が蘇ってきました

大崎町の海水浴場で



10_201908230124314c3.jpg


ごん父は海に潜って 貝拾い

あおさ(あさりの大型)と言う貝が 山ほど獲れました

海に入っていくと

まるで砂利道の上を素足で歩くがごとく

貝で埋め尽くされていた年がありました

それをバケツですくい

何度も何度も 暑い砂の上を歩いて

車まで運んだものです

持ち帰って 焼き貝、潮汁、、

食べきれない貝は近所に配りました

青春時代になってからも 毎年のように泳ぎに行った場所です


結婚してから分かった事ですが

ごん母は高校生の頃

この大崎の浜茶屋でアルバイトをしていたそうです

 (今はもう 浜茶屋はありません)


二人 それぞれの暑い夏の思い出が

星陵高校の奥川君達バッテリーのおかげで

熱く蘇りました


有り難う 星陵高校 

また頑張って

甲子園優勝を目指そうね♬




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






コロンちゃんの絵



今回描いたのは

長野県 松本市のトイプー

コロンちゃんです



0,2



以前

絵の師 枯れ葉子さんがフェイスブックで 

ごん父のワンコ絵を紹介してくれた時


それを見た枯れ葉子さんの親戚の方が

「自分の子も描いてほしい」 と おっしゃいました


ねっ ビックリポンでしょ?

オイラなんかでいいの?

真っ先に そう思いました

師匠の親戚と聞いただけで 怖気を覚えたのです


でも 悩んだ挙句 お引き受けする事にしました

生まれもった能天気な自分です エッヘン!


コロンちゃんは11歳

とても可愛く コロンママさんに溺愛されているそうです

そのコロンちゃんの情報を

もう1っ 「コロンちゃんはシャイな雰囲気を持った子」 と

枯れ葉子さんから追加情報が入りました


ふむふむ、、

11歳で、可愛くて、、シャイな雰囲気を持った 良い子、、

こんな感じかな?



0,3



、、と、メガ盛りで悩みながら

色を着けたり、消したり、、の てんやわんやで

こんな風に コロンちゃんを描きました



実際のコロンちゃんの「元写真」は

これです



0,6



いつも ごん父が心掛けているのは

「本物そっくりには 描きたくない」 です

それは写真に任せておけば良いと思っています

自分が感じた、、その子

飼い主さんが感じている、、その子

それを 描くのが いつも願っている事なんです

目、鼻、、口 そして

ある場所は 「表現しない表現」を 心がけています

後は いつもの願い

「飼い主さんと お話出来そうな 絵」

それらを ぜ~~~んぶ願いつつ

コロンちゃん 

こんな絵になりました♬




0,5



実際の写真と比べるのは恥ずかしいのですが

自分の願いを知ってもらいたくて

恥の上塗り、と思いつつ

今回は絵と並べてみました





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村











07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ごんちゃんの父

Author:ごんちゃんの父
愛犬ごんちゃん(2015年7月に虹の橋を渡りました)の父です
定年後も類(るい、シーズーパピヨンのMIX3代目)と散歩をしたり
無農薬野菜作り、ワンコの絵などで楽しく暮らしている
おとうちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客数
ご訪問いただいた人数です
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR