ペットロス、、その後を考える



長年連れ添った 

可愛い我が子との別れ、、



0,3



悲しみに包まれ、


別れが信じられなく、、


信じたくなく、、



0,5



亡くなった後


生きていた時の事を


悲しい気持ちになるにも関わらず


いつも


思い出してしまう


張り裂けそうな心に耐えきれず


ある人は 「もう、、こんな気持ちになるのは嫌だから

        次の子は、、飼わない」 と、 思う


また ある人は

      「ペットロスを治す為 似た子を探したい」 と 考える


でも、

以前の子と同じ容姿の子がいたとしても

性格まで同じになるのは、、無理

そして、

次の子に対し 

以前の子を重ね合わせるのは可哀そうと云う人がいる

次の子は、、前の子と切り離して飼わなきゃ 可哀そう、、

そんな意見もあります



0,6



我が家も

そのつもりで

次の子を探しました

奥さんの涙をぬぐい去るため、

自分の気持ちを整理するため、、



0,9



その結果


たしかに、奥さんの涙は

少なくなりました


でも

次の子に対し

「この子に 以前の子をだぶらせるのは可哀そう、、」と

分かっていても

やはり 無理な様です


冷静に見ると



0,10



ごんちゃんとは


似た所は 見当たりません


それでも

奥さんが選んだのは、、何故?


同じ容姿の子を飼うと

以前の子を強く思い出し、

辛くなるのを、、無意識に避けた?


ペットロス、、その後

いくら考えても

答えが出ません


ただ

奥さんは

今でも 類坊の中に

ごんちゃんを探そうとしています



0,2



ダメな事はわかっていても

時に触れ

「アッ、、 ごんちゃんも こんな仕草をしていたね♪」

そう言います



0,1



ペットロスの悲しみ、、


それは、、


緩和する道は有っても

無くすことは

永遠に

無理なのかもしれません



ごん父は?、、というと



0,8


ごんちゃんの為に残した

40枚の絵

その中に

悲しみを閉じ込め

開く事をためらい

それでも

いつかは

楽しく思い出してみたい

楽しく遊ぶ姿を描いてみたい、、

その日が来るのを

願っています




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村










スポンサーサイト
01 | 2017/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

ごんちゃんの父

Author:ごんちゃんの父
愛犬ごんちゃん(2015年7月に虹の橋を渡りました)の父です
定年後も類(るい、シーズーパピヨンのMIX3代目)と散歩をしたり
無農薬野菜作り、ワンコの絵などで楽しく暮らしている
おとうちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客数
ご訪問いただいた人数です
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか?

捨て犬 『はな』 と迷い猫 『ぽっぽ』 の 成長物語

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか?

捨て犬 『はな』 と迷い猫 『ぽっぽ』 の 成長物語

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR