FC2ブログ

雷神様



先ほどまで

夜の間ずっと

雷神様が暴れていらっしゃいました

お陰様で

うちの類ちゃんが

パニック!



0,1

と~ちゃん 怖いじょ~

  ビビりチッコしても いいか?



家族が交代で

寝ずの子守りです


午前4時半

ようやく雷神様が帰って行かれましたので

オイラが 「ごんちゃん橋」まで

散歩に連れ出しました



0,2



こんな日の

いつものパターンは

散歩が終わるまで

類ちゃんは落ち着きません

現在 午前5時50分

やっと

ごん父の横で寝始めました


おやすみなさい、、、、




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



親を越えて行け!



昨日、

奥さんと一緒に

類坊の散歩をしていた


少しずつ大人になって来たと思う事もある、、類坊

しかし

他のワンコに吠えたり、

まだまだ未熟な所のある、、類坊


いいか 類坊

早く大人になって 立派なワンコになるんだよ

親を乗り越え 

世間様から認められるようなワンコになるんだよ

そう言って

説教していたら、、、



0,8



そしたら、

本当に


0,2




と~ちゃんの足を踏みつけて

乗り越えていきやがった!!



0,3



、、、アホ犬(涙)





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





類坊の弱点



類坊が

大人の道を歩みだした頃から

それまで見られなかった弱点が見えてきました

いつも いつも、、

元気に暴れまわっている類坊ですが

急に振り出した雨の音や

大きなバイクが通ったり 雷が遠くで鳴り出したりすると

急に弱虫になります



0,5

と~ちゃん 怖いじょ!

  ここで チビってもいいか?



「とんでもありません! 一丁来の服が汚れます」

「その毛布やタオルだって か~ちゃんが洗わなければなりませぬ!」

「、、、しかたない 牢屋から出てらっしゃいませ」


で、

こうなります



0,1



ここ最近は

連日のように 大粒の雨が屋根を打ち付けます

雷のアンポンタンも

頻繁に聞こえます



0,2



家族が起きないように そっと類坊を連れ出し

ごんちゃん橋で散歩させます

不思議なことに

家の中で そんな天候だと恐れおののくのに

車に乗せると納まるのが常です


しこたま時間をかけて落ち着かせ

家に帰って寝かせるのですが


奥さんが起きだす時間になると

よせばいいのに

類坊も起きだします


つまり どういう事かと言うと、、

くそ寒い早朝のこの時間に



0,3



奥さんを巻き込んで

この日 2度目の

ごんちゃん橋行きになってしまいます



0,4



この季節

ほぼ連日の 深夜、早朝勤務

類坊!

時間外手当は 払ってくれるんでしょうね!?




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





あってはならない事が 起こった!


隣の部屋から

奥さんの声が聞こえる


「類ちゃん チョットおとうちゃんと買い物に出るからね

 類ちゃんは良い子で留守番できるでしょ?

 ハウス ハウス! いい子だから入って ハ、ウ、ス! 」


その言葉を何度か繰り返していた

ごん父 心の声 「おっかぁ~ そりゃ~無理でござんすよ

   「類坊は ちょい悪坊やでござんすよ めったなことで言う事を聞く訳がござんせん」


、、、が!

再度 奥さんの声 「入った! 入った! 類ちゃん いい子ね~♬」

     「ちゃんと入れたね 類ちゃん いい子ね♬」


と、そんな声が聞こえた

驚いて覗いてみると

ゲッ! 

本当に、、、入った!



0,1



まさか、、 これは 嘘でしょ 

今までは食べ物でおびき寄せれば入ったけど

ハウス! の 声だけで入ったとは信じられません

けど、、

入ってる



0,2


あり得ないことが起きた

こんなこと、

起こってはならない事だ!

類坊は、、類坊だ

チョイ悪のイメージが崩れてしまう

、、、そうだ

これ、

見なかった事 聞かなかった事にしよう

 「あはっ あはっ あはははは~♬」
 
 「きっと 夢だ これは 悪い夢を見てるに違いない」


で、

ごん父は

布団をかぶって 寝ます





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





「幸せな犬やね」



類坊を連れて 奥さんと二人で散歩をしていると、

近所の人に

 「幸せな犬やね~」 と、言われることがあります



0,4



「はい 有難うございます♬」 と、返事はするのですが

本当は

類坊の行きたいところに100%行かせている訳でもなく

まだまだ遠くへ行きたいのに 

途中で無理やり連れて帰ったりしています

なので、

時々 「本当に この子は幸せと感じてくれているのだろうか?」

そんな事も考えます



0,3



確かに 傍目では

夜中の散歩から 夜の散歩まで

1日 4~5回の散歩に連れて行ってもらえる類坊は

幸せなワンコに見えるのだろうと思います

でも、

先に述べたように

まだまだ 類坊の要求には応えられていません



0,2



ご飯だって、

豪華な食事などは与えられるはずもなく、、

カリカリフードに ブロッコリーやキャベツのトッピングが少々、、

もっと 美味しい物をくれと要求されても

せいぜい ご飯粒が数粒、、


こんな家庭で育っていても、、

類ちゃん

あなたは、、

幸せですか?



0,1





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






1度は試してみたい味?



うちの類坊は

4歳になる今まで

全く、好き嫌いがありません



0,1


口に入るものなら

何でも食べます


特に好きな場合は

親の手を頭で押しのけてでも、

早く食べようとします



0,2



ワンコ用のおやつなら、

どんな味か知りたくて

ジャーキーやボーロなど

ごん父も盗み食いをした事があります、、が



0,3


類坊が最も喜ぶ、

この時の食べている物は


0,4


さすがに、

食べてみたいとは

思いません


だって これ


0,5


フェラリアや

ノミダニの薬だもん!




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






陰ひなたのある子


世間では

よい子は 陰ひなたのない子

陰で隠れてゴニョゴニョするのは、、悪い子

良い子は いつだって 良い子


ある日、

突然

類坊が 良い子になった!


、、、と 思った



0,1


いつもなら

類坊をおもちゃにして遊ぶのは

ご法度!


でも なぜかこの日は

されるがまま、、



0,2


奥さんに もてあそばれて

毛布で

まち子巻きやら、、かっぱ巻きやら、、と

大人しく されるがままの

良い子になった


、、、と、思った

しかし

ひとたび 奥さんがその場を離れると

元の

アンポンタンに戻った



0,4


よほど我慢していたのであろう

毛布を剥いで

暴れまくってた

類坊は

陰ひなたを

覚えた♬




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






大人になっても、「育児」



昨日は類坊の「一大事!」に

多くの皆様からの心配を頂き

本当に有難うございました

お陰様で その後は順調に回復中です


飲み込み事件当日の絶食のためなのか?

はたまた 

短時間の注射3本(吐かせる薬、吐き気止めの薬、点滴)の為なのか?

原因は分かりませんが

当日から 昨日の朝までグッタリとしていた類坊

午前中に カリカリの水でふやかしたご飯を少々食べさせました

その後の様子を見て

順次 ご飯の量を増やしていったのですが

身体の復活と共に

本来の性格も復活してきました

お医者さんが言った通りです

「飲み込み癖」など この子の性格は

 大人になっても治らないと思います」

、、、その通りでした(涙)

お腹が空いたと言って

家じゅう、、ウロウロ



0,2


奥さんが 「ふやかしカリカリ」を作っている間中

要求吠え!



この分ではきっと、、

グイグイ引っ張る 「類ちゃん歩き」は



0,1


ご老体になっても

治らないと思います


しかたがない、、

この際

18歳の類ちゃん歩き みんなで見ましょうね (^^♪




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村






類坊の緊急事態!



昨日の夕方

類坊に非常事態が発生!



0,1


2階にいると

奥さんが下から

 「おとうちゃん 類ちゃんが、お手拭きを飲み込んだかもしれない」

と言う声が聞こえました


慌てて降りてみると

スーパーなどで総菜やお弁当などを買った時についてくる

小さなビニール袋に入ったお手拭きが

噛み破ったと思われる穴から 姿を消してました

きっと、飲み込んだにちがいない

「さっき、類ちゃんが口をモゴモゴさせていたので

  もしやと思って口の中を探ったけれど 何もなかったの」

「慌てて 取られまいとして飲み込んだかもしれない」


そこで 獣医さんに電話

「ムニャムニャ、、ほんでもって、、ホニャララ、、で 診て下さい」


そして 車で緊急外来

獣医さんに着くと 破れた袋を見せて事情説明

すると先生も

 「そうですね この穴から出して飲み込んだかもしれませんね」

その後 喜んで診察台の上で走り回る類坊を看護師さんが取り押さえ、

吐かせる注射を打ち 床に放牧すると

数十秒でケロケロが始まり

お昼の半分消化されたカリカリと一緒に

白いものが出てきました

獣医さんがそれを点検すると

出た! お手拭きだ!

看護師さんが それの後始末をしてくれて

再び類坊を診察台に乗せました

今度は

吐き気止めの注射と 点滴

「靴下を飲み込む子もいます 最悪、手術をしますが

 飼い主さんが飲み込んだことを気づかない時は

 これで腸が詰まったりして 死に至る事もあります

 周りの飲み込みそうな物を置かない 常に数をチェックしておく

 この子が何をしているか いつも見守る事が大切です」

そんな注意事項を聞き 無事 帰宅となりました



類坊、、


0,2


あんたは、、


アンポンタンだよ (涙)




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村







類ちゃん初めての時間外受診



畑から帰ると


玄関横の網戸から

いつも元気に笑顔で迎えてくれる 類ちゃん



0,1



でも

昨日の夜

ごん父が寝室に入って寝始めた頃

奥さんが上がってきて

「大変! 類ちゃんが、、」

慌てて下に降りると

大量のケロケロ!

最初の方は晩御飯らしく 消化が全くされていないご飯

後半は 昨日の朝と昼のご飯らしく

ドロドロ、、っとしたご飯

胃液らしきものも出ていました




0,2



すぐに奥さんが獣医さんに電話して

時間外ですが診てもらうようにお願いしました

ごんちゃんの時からお世話になっている獣医さん

思えば 休日であろうと

いつでも容体が急変した時に自宅から駆け付け

診てくれた優しい獣医さん


有難い事です


早速、類ちゃんの治療をして頂きます

吐き気止めの注射や点滴、、



暴れる類ちゃんを

残ってくれた看護師さんが身体を支えてくれました

有難うございます

どうか このまま

類ちゃんが回復してくれますように、、




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村







12 | 2020/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ごんちゃんの父

Author:ごんちゃんの父
愛犬ごんちゃん(2015年7月に虹の橋を渡りました)の父です
定年後も類(るい、シーズーパピヨンのMIX3代目)と散歩をしたり
無農薬野菜作り、ワンコの絵などで楽しく暮らしている
おとうちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客数
ご訪問いただいた人数です
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR