それぞれの好物♪



ごん父は

色々な好物があります

しいの実や銀杏を焼いて食べるのが 好き♪

鯛の鯛(カマビレの付け根)の小さな身

カジキのへそ 尾肉の焼き鳥(ポン尻?)

ゴリ、クルミの佃煮、、、等々


いずれも小さな頃からの食生活が

今の嗜好に繋がっているのかもしれません(*^-^*)

時々思い立ち

買ってきたりします



0,1

(参考例ー 黒作り)



それが一品おかずに加わると、



0,2



とても素敵な食欲が


湧いてきます♪ (^◇^)



0,3



そのせいか、


類坊も


好物が増えてきました (*^-^*)


虫、、、



0,9



連虫、、(・_・;)



0,8



アナゴ、、



0,5



父より


良いもの食べてるなぁ~(*_*;



0,6

おっさんには あげない!



ちょっと変わった食べ物が好きな


我が家です (*^-^*)





にほんブログ村




スポンサーサイト

逢いたくて、(奇跡の復活 ももちゃん)



ごん父が畑から戻ると

奥さんから 「今、ももちゃんが来てくれていた!」 と、

嬉しそうに話してくれました

ももちゃんとは

数年前に「ごんちゃん橋」で出会ったシーズーです

ごんちゃんと散歩している時



0,5

(天国からの特別出演 ごんちゃん)


とても可愛いシーズーちゃんと出会いました

物静かで、

綺麗で、、

愛くるしい顔が 印象的でした


その ももちゃんが

大病を患ったと ワン友さんから聞きました

肝臓の数値が凄く悪いらしい、、

赤血球が、、 体重が、、体毛が、、

次々と入って来る悲しい知らせに

我々 ごん夫婦も

とても心を痛めていました


その子が

突然 飼い主さんご夫婦と共に

我が家まで来てくれました 




0,1



バス停2個分以上の距離を

我が家まで、、


その話を奥さんから聞いて 驚きました



0,2



その時

奥さんと一緒にいた友達

トラちゃんママさんが写真を撮って

FBのメッセージで送ってくれました



0,6

(友情出演、トラちゃんとママさんの手)



写真で見ると

とても元気そうです (*^-^*)



0,3


飼い主さんからの話では

色々と手を尽くしたものの

ももちゃんの病気が段々進み

もう、、ダメかと思って 「葬儀社を何処にするか?」 と

そこまで追い詰められていたそうです


そんな死の淵から

ももちゃんが  奇跡の復活!


体重も5K台まで戻り

体毛も復活してきたそうです


その元気になった姿を見てもらいたくて

そして 

毎日見ているブログの類坊にも会いたくて、、

わざわざ我が家まで来てくれたそうです


本当に 有難うございます

安心しました 

良かったです

本当に、、良かったです


ごん父も ももちゃんと逢いたいです(*^-^*)

ごんちゃん橋で

類坊を連れて散歩に行きます



0,4

行くじょ


チンピラ坊主の類坊ですが、

ももちゃん

どうか、、

仲良くしてね♪


ももちゃん 本当に おめでと~~~♪ (^◇^)

そして

気を使って写真まで写して送ってくれたトラちゃんママ

感謝です (*^-^*)

素敵なワン友さん達と知り合えて

ごん家族は幸せ者です♪





にほんブログ村








穏やかな日々への願い


自分が営む日常


朝の空を見て、



0,2



お日様はまだ出ていないものの、


少しづつ


東の空から明るくなるのを確認し、、


畑で


秋冬野菜を植えるために


ゆるゆると 土を耕し始めます


背中から夏の太陽が昇った事を感じ取り



0,1



汗を拭き拭き、、


一休さん (*^-^*)


朝一で採った野菜を持って


家路につきます



0,7



家では


類坊とボール遊び



0,3



持ってきたボールを


嬉しそうに、 ごん父と取り合います



0,4



本当は、


持ってきたボールを渡してくれる様にするのが基本


オヤツなどを使って 「交換!」と言って


ボールを口から離させて 代わりにフードを1粒あげる、、


そんな訓練をワン友さんが教えてくれました


獣医さんからも


「飼い主が強いんだと云う事を教え込む為にも

  絶対にボールを取り上げて下さい」


そう言われました


でも、


ボールを持って来る事よりも


ごん父と ボールを取り合う事が


類坊にとっては 最高の楽しい遊びだと気が付きました



0,5



なので


皆様には申し訳ない事ですが


今はまだ、、


類坊ルールの 「ボール遊び」を楽しむ 我が家です


庭では


収穫したジャガイモを陰干し♪



0,8



乾いたら、


1個1個、 軍手をはめて


皮が剥けない程度の力で


砂を払い落していきます


水で洗うと すぐに腐ってしまうからです


「喜んでくれるかな?」


そんな心配と、期待が絡み合いながら

箱に収めて、、

1日が過ぎていきます


どうか、

こんな穏やかな日々が

これからも続きますように、、(*^-^*)





にほんブログ村




犬と人間 「年齢制限」を考える



ごんを亡くして、考えた

以前から漠然とは考えていたのだが、、

現実となって自分の身に降りかかって

初めて、真剣に考えた

「保護犬は60歳以上の人は おことわり」

「良識あるペットショップは 60歳以上の人には売りません」

、、、。

もっともな話です

15年を犬の寿命と考えるなら 至極もっともな話です

犬の幸せを考えるなら、、当たり前の話です

犬を愛する人は その考えに賛同するのが普通です

それが、、犬を愛する人だと 定義づけしています

、、、では

60歳以上の自分は、、

犬を愛する資格が無い、、のか?

いや 自分は犬を愛しています



0,1


犬より先に死ぬ確率が高い、、60歳以上の人

残された犬が可哀そう、、

だから 新たに飼うのは やめなさい

それが 考え方の基本です

では、

若い人は、、犬より先に亡くなる場合はありませんか?

確実に犬より長生きしますか?

病気にも、、交通事故にも、、耐えますか?


自分が望んでいるのは 今 次の犬を飼う事ではありません

自分は今後15年 まず生きられないと思います

だから 犬を飼わずとも、、

資格が無い人でも 犬を愛する事の出来る環境が欲しいです

保護犬のお世話をするほどの余裕はありません

上手く言えませんが、、

犬の幸せを考えて 「60歳ルール」があるのなら

犬を愛する”人”の事を考えた”環境”が有っても良い、、

そう考えます


ペットロス、、それは60歳以上の人にとっては 

大きな”病”と同じかもしれません

家族を、、亡くしました



0,2


そんな高齢者が一時 幸せな環境に戻れる、、

どなたか、、

そんな環境を、


0,3


ご存知ありませんか?


賛否両論があるかと思います

このブログで取り上げるのはダメか?とも 考えました

ただ、、これは 今 若い人達も

いずれ 通る道  いつか 自分の問題になるかもしれません

御一考いただければ 幸いです 



にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村




04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ごんちゃんの父

Author:ごんちゃんの父
愛犬ごんちゃん(2015年7月に虹の橋を渡りました)の父です
定年後も類(るい、シーズーパピヨンのMIX3代目)と散歩をしたり
無農薬野菜作り、ワンコの絵などで楽しく暮らしている
おとうちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客数
ご訪問いただいた人数です
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか?

捨て犬 『はな』 と迷い猫 『ぽっぽ』 の 成長物語

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか?

捨て犬 『はな』 と迷い猫 『ぽっぽ』 の 成長物語

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR