fc2ブログ

嫁入り前のお手入れ



終活の一環として始めている断捨離ですが

なかなか進まないながらも

少しづつ物事は動き始めています


空き家の解体が9月に始まる事が決まりました

更地になった土地を買いたいと仰る人との契約も

順調に進んでいます


そこにあった父の収集物も幾つかお嫁に行きました

その際

その収集物の事を知りたいと思って

ネットや本などを見ながら

お嫁入り前のお手入れをしています



0,5



これはコロナが落ち着いたら

松本市のお寺さんへお嫁に行く観音菩薩のブロンズ像

長年のホコリを落としながら気が付いたのは

手に持っている、、巻物



0,8


なんだろう?

調べてみると 今まで気に留めなかった事が分かりました


仏の世界にも階級や役割があるのですが

1番上に 仏様(阿弥陀如来などのように悟りをひらいた方)で

      手には何も持たないのが基本だそうです

2番目に 菩薩様(観音菩薩など) まだ悟りはひらいていないが

      困っている人を助けようと色々な道具などを手に持っている

3番目は 明王(不動明王など) 仏様を守る役目を担っているそうです

4番目は 天(帝釈天など)



つまり 今回 手入れしている像は 2番目の観音菩薩と推察されます


さぁ~ 綺麗になりました



0,6


こころなしか、、喜んでおられるような気なします


もう一つ

この細工置物もお嫁入が決まりました

ガラスケースを磨いています


0,7



どうか、、

亡き父が喜んでくれますように、、




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



縁は異なもの味なもの



いやはや

人生とは

何処でご縁がつながるか分からないものですね

先日から父親の残した収集物の

もらい手を探して奔走しておりましたが

昔から描いていた「ワンコ絵」が縁をつないでくれました

縁は異なもの味なもの、、、と 

何処でつながるか分からない男女の縁を表す言葉がありましたが

まさしく これを実践するような最近の出来事でした


まず

この絵がつないでくれた縁


0,12



この子の飼い主さんの元(岐阜県)へ

狛犬が嫁いで行きました



0,5



そして

この子の絵がご縁で


0,11



観音様のブロンズ像(高さ61センチ)が


0,2



長野の松本市にあるお寺さんへ

嫁ぐ事に決まりました


0,1


(発送するのは恐れ多いので 
 少しコロナが落ち着いた頃に持って行くつもりです)



もっと広がったご縁もあります

この子の絵が繋いでくれたのは



0,10



飼い主さんご本人の 和傘職人さんに

七福神が嫁いで行きました


0,4



その和傘をめぐる男たちのお仲間で

能登ヒバなどを扱う素敵な木材店の店主さんへ

この 墨ツボのオブジェが嫁いで行きました



0,13



さらに、

和傘職人さんが和傘作りを始めるきっかけとなった方に

 (金沢市民芸術村でプロの大工さんに技を教える講師の方で
  なんと居合の高段者だそうです さらに現在 日本刀を20振り持っていらっしゃる!)、

最大懸案だった日本刀(加州在の藤原家重銘)を

もらって頂きました


0,3



いや~~~ 絵を描いていたお陰です

その絵を自分に勧めてくれた 師匠 枯葉子さんに

いまさらながらに 感謝です♪


皆々様 ご縁を繋いでいただき

有難うございます

どうか今後とも よろしくお願い致します





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





ホンワカ~♫ っとした話



昔 むか~し、、

父親が 協同組合(信用金庫のような?)に

5000円(500円X10口)の出資をしていたようです



0,5



先日の空き家の整理をしていた時に

金庫の隅から出てきました



0,6



これを今のうちに自分が何とかしなきゃ~ならない

そう思って

解約手続きに必要な書類を集めに

奔走しました

故人の名義なので

遺産相続人全員の実印を集め

印鑑証明、原戸籍、除籍謄本、、などを山ほど集めに市役所詣で、、

今は わずか5千円ですが

当時(昭和27年)では かなりの高額だったようです


父親の汗の染み込んだ5千円だったのだと思います


なので 各種書類を集めた時のかかった経費が

3千9百円でも

泣き言を言えない


でも 出資証券を よ~く見てみると

昭和弐十七を 参十七年に直したような形跡が、、

そして

理事長の名前も

以前の理事長の名前を線で消して

新しい理事長の名前が横に書いてあります


、、、いいなぁ~♫ 

なんだか ほのぼのとした時代

これが昭和なんだな~ (*^_^*)


昭和、、好きです





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





終活も楽じゃありません



今年に入って終活を加速しておりますが

思っていた以上に大変です

特に あと1カ月後に迫った空き家の取り壊しで

家の中の荷物整理に苦労しています


その中でも最大の懸案は

父親が残した収集物でした

中には立派な物もあり

無下に廃棄物とするのは忍びなく

先日

和傘職人のお友達(女性Yさん)を頼って 行ってきました




0,4

(ネットからお借りした昔の和傘職人さん)


この方のお仲間には 

「これからも和傘を守ろうと集まった男たち」がいるそうです

その中に「金沢仏壇の職人さん」や「能登の木材(ヒバ)を扱う方」など

父親の残した収集品に理解を示し

もらってくれそうな方がいるのではないか?

そう思って これを持って行きました



0,2

(大工さんが木材を切る時に使う墨ツボのオブジェ)


そしたら 即決でOKを頂きました

この方達なら これを大切にしてくれそうです♫

「和傘や伝統工芸品の展示イベントにこれを飾ります」

とも言って頂けました

嬉しいです

次回は これも持って行くつもりです



0,1


木彫りの七福神

かなり大きなものです

それに 重い!

でも お話の流れで感じたのは

これも もらって頂けそうでした


1点 お嫁入が決まり

もう1点 婚約が決まった気持ちです


あとの懸案事項、、


重く、デッカイ 観音菩薩(?)の

ブロンズ像



0,3



そして

日本刀の脇差


0,6



磨けば綺麗な波紋が出てくると思われます



0,5



これは滅多やたらに持ち主を探すわけにもいかず

しかも文化財のはしくれに鑑定されているので

新しい持ち主を探すのは苦労しそうです


、、、終活って

楽じゃありません(涙)





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村





悩みの3点



昔から

長男は親の家を継ぐ、、

そう言われていたので

親が残した諸々の品物や遺品は そのまま家に残しておけば良かったのですが

最近の戦後に建てた家は狭く、安普請

2世代、3世代がそのまま受け継いでいくには無理があります

そこで、

自分の親が残した家や品々を

残す物、残さない物に

仕分けして処分していくのが自分の努めだと思っています

家などは もうボロボロ、、維持するには経費が掛りすぎます

いつ取り壊すか分かりませんが 次の世代には「負の遺産」


今やれば? とh思っていても

親の為に揃えた仏壇などは 狭い我が家には持って来れません

そして

問題は これらの3点

大きな観音菩薩



0,1


重さ 10Kg以上あると思われる 銅像



0,2



そして

長さ1メートル以上ある

木彫りの七副神



0,5


宗教がらみの品々は

適当に処分するのは躊躇われます



あと、

文化財の

日本刀



0,3



自分の趣味で集めたレコードや古銭などは

勝手に売るなり なんなり出来ますが


親が信心していたかもしれない品々は

処分に悩みます

その父親が亡くなって早9年

石の上にも3年と申しますように

9年の間守ってきたので もう、、いいかな? とは思います

なにしろ

次は自分の番

残される家族には負担にならないように考えねば

ですね




にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村







抜けた天井!



天井が抜けて、、青空天井!

なんて言葉は株の世界では素敵な意味がありますが、

うちの親の家の場合は

本当に天井が抜けちゃったもんね~(泣)



0,1



この木の板3枚が剥がれて垂れ下がっていました

ベニヤ板ならもう少し簡単に直せるかと思うのですが

重い1枚板なので

突っ張り棒5本を使って

ごん父棟梁が匠の技で支えていました

、、、けど

このままにしておいては

自分が万が一の時の 負の遺産になってしまいます

そこで、

本職さんにお願いして

なるべくお金の掛らない方法で

平成最後の大修理!



0,2



4日間の作業で

なんとか完了!



0,3



近所の人からは

「人が住まない家なのに 大変だね~」 と言われましたが

この天井の下には

亡くなった父の思い出が転がっています



0,7



これらが壊れたり、


0,4



ホコリにまみれるのは、

ちょっと 辛いです



0,6



変な置物ばかりですが、


0,5



きっと 父にとっては

素敵な思い出が詰まっていたのでしょうね


そんなこんなで

ごん父の老後は

大忙し

病気との闘いを続けながら、

畑や


0,9


ブログや

ワンコ絵

そして、

類ちゃんや家族との生活、、



0,8


いつ、、

普通の 「ゆったり老後生活」 が来るのやら、、


、、なぁ~んちゃって♬

本当は

こんな毎日を送れることが

幸せなんだと

本気で思っています




本日の付録

絵を描き始めて 62枚目

2012年 7月8日に描きました

神奈川県の ゴンちゃんです

虹の橋を渡った子です


014_20181206014505882.jpg



寂しい表情に描きすぎて

飼い主さんを思うと

今でも これで良かったのかと 

悩んでいる1枚です



001_201812060145290aa.jpg





にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村




09 | 2021/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ごんちゃんの父

Author:ごんちゃんの父
愛犬ごんちゃん(2015年7月に虹の橋を渡りました)の父です
定年後も類(るい、シーズーパピヨンのMIX3代目)と散歩をしたり
無農薬野菜作り、ワンコの絵などで楽しく暮らしている
おとうちゃんです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご来客数
ご訪問いただいた人数です
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
ブロとも一覧

バズストーーリー♪

太郎、あなたは幸せですか? 

つんでれ⁉ちょんちゃんの出来事

☆こめあんず☆

ペットロス日記 ~美犬伝説~ 最愛のすず❤へ

wagasaya 明兎アルバム

しーたんの写真ブログ

ゆめんずファミリー、どこへ行く?!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR